読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

近藤麻理恵(こんまり)の「人生がときめく片づけの魔法」で最も印象に残ったこととは?

近藤麻理恵の「人生がときめく片づけの魔法」を読んだ時、この人がいわゆる「こんまり」だということを全く知りませんでした。 ミニマリスト、断捨離だとか、収納・片付け、シンプルライフなどのテーマが今も人気ですが、このブームを長引かせている原動力が…

コーヒーを断捨離してみたわかった意外な結論とは

コーヒーを断捨離してみました。自宅にコーヒー豆を置かないようにしたのです。 理由は、体によくないから、と言いたいところですが、実は、気持ちにゆとりがなく、コーヒーを買いに行かなかったら、そのままになってしまったのですね。 要するに、コーヒー…

2017年に最も断捨離しなければいけないものは?

明けましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いします。 年明けとともに、時計の針が物凄いスピードで回り始めていますね。この調子だとあっという間に大晦日を迎えそうです(苦笑)。 親戚と会い、年越しそばを食べ、お墓参りをすませ、食べ過ぎ…

靴下の断捨離でひきだしの収納スペースを増やしました。

知らぬ間に靴下が増えて、収納スペースからはみ出し始めたので、靴下の断捨離を実行しました。 捨てた靴下は以下のとおりです。

文具を大量に断捨離した結果、ひきだし内の収納にゆとりが出ました。

先日、なかなか文具の断捨離が進まないことをお伝えしました。このままでは、ミニマリストを自称するのが恥ずかしいくらいだと感じ入った次第です。 そこで、今回、清水の舞台から飛び降りたつもりで、ドカ~ンと大量に文具を捨てましたので、ご報告します。…

やましたひでこ「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」の感想

やましたひでこ著「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」を読みました。 「断捨離」といえば、この人、やましたひでこ氏の名前が浮かぶほど有名ですよね。 私が読んだ「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」は、2011年に刊行された本で、比較的新しい…

ミニマリストは帽子を断捨離するべきでしょうか?

何しろ部屋が狭いので、余計な物は捨ててゆかないと、まともに生活できなという現実があるのですね。 私にとって断捨離は、生活の知恵ではなくて、生活の必須要件だと言えます。 ところが、断捨離できずに、増え続けているアイテムがあるのですね。 それは「…

服を大量に断捨離してみた感想

部屋を狭くしている最大の要因は、本と衣類であることに、最近気づきました。今さら遅いかもしれませんが、衣類はけっこう捨てられそうなものがあるので、今日、思い切って、服を断捨離してみました。 今日、断捨離した衣類はこれだけ。

絶対に断捨離(節約)したくないものとは?

断捨離とは、すなわち、断ち、捨て、離すことです。で、絶対に、断ちなくないもの、捨てたくないもの、離したくないものがあります。 それは「夢」です。断じて「夢の断捨離」だけはしたくないのです。また、夢を節約したら、人生そのものが色あせてしまう気…

文具の断捨離が進まない理由は?

仕事机の上が散らかっていて、仕事の能率が下がることってありませんか。 私の場合、何がどこにあるのかもわからない状態になってしまうこともありました。高円寺に引っ越してから、いったんはスッキリした机の上でしたが、最近、またゴチャゴチャしてきて閉…

「シャボン玉石けん」から「牛乳石鹸の無添加せっけん」に換えた理由

夏にシャンプーやボディーソープを断捨離して、固形の「シャボン玉石けん」に換えたのでした。 ところが、その頃から出てきた湿疹が、治りそうで治らないので、思い切って「シャボン玉石けん」から「牛乳石鹸の無添加せっけん」に換えてみました。 以下で「…

節約生活をかなえる意外な切り札とは?

たまたま貧乏になってしまったのですが、今後は積極的に貧乏生活を目指すことにしました。 貧乏でありながら、お金の心配(悩み)をなくして暮らすためには、節約は不可欠です。 節約を余計な出費を減らすことと定義するなら、私の場合、何を切り詰めれば良…

ネットオフで本の断捨離を一歩前進させました。

先日、本とCDの断捨離をしようと思い、ネットオフに申し込んだ宅配買取。 本とCDとDVDを断捨離するために、ネットオフ宅配買取に申し込みました 査定結果が届きましたので、ご報告しますね。 こちらから商品を送って、その商品が到着したという案内メールが…

本とCDとDVDを断捨離するために、ネットオフ宅配買取に申し込みました。

久しぶりに本、CD、DVDをまとめて断捨離するために、以前申し込んだことがある、ネットオフ宅配買取(本&DVD買取コース)を再び利用することにしました。 段ボール1箱ですが、ぎっしり詰め込みましたよ。

何を断捨離すれば引き寄せの法則は良い方向に働き始める?

「断捨離」と「引き寄せの法則」は深い関係にあります。 自分は磁石です。磁力を生むのは波動です。 余計なものを捨て切れていないと(断捨離できていないと)、良い波動を悪い波動が邪魔をしてしまい、良いことを引き寄せる磁力が強くならないからです。 で…

Facebook(フェイスブック)を断捨離した理由とは?

長いこと使ってきたFacebook(フェイスブック)を昨日、断捨離しました。 アカウントを停止しただけでなく、フェイスブック自体を見ないと決めたのです。 これまで交流してくださった方々には感謝しています。今後は、機会を改め、個別にご連絡いたしますの…

ミニマリストとは?

「ミニマリスト」という言葉が当たり前のように使われているようですが、私にとってはまだ、しっくりと来ない感じが残っているのです。 今、この「ミニマリスト」なる言葉をキッチリと定義しておくことは有意義だと思いますので、今回は「ミニマリストとは?…

スーパーマーケットから学ぶ断捨離術とは?

毎日、どれくらい、お金を使っていますか? 最近の私の消費傾向としては「お金は使うけれども、物はそれほど買わない」があります。 もう、物が増えすぎる生活はまっぴらなので、物を新しく買うことに大して警戒心があるのかもしれません。 「断捨離」とか「…

どうしても断捨離できない文具とは?

以前、大量の文具を断捨離したことがあります。 文具の使用頻度は、タブレットを使用するようになって、さらに激減しています。 ただ、どうしても断捨離できない文具があるのです。

酒の断捨離で、節約生活を加速させる。

2013年12月初旬に東京都杉並区高円寺に引っ越してきました。高円寺での生活は3年目をむかえています。 この街は不夜城(夜がないまち)と呼ばれるくらい、深夜までお酒を飲んでいる人が多いんです。飲み屋さんの数も、面積から割り出すと東京一多いという説…

テレビを断捨離して初めての五輪が開催して感じたこと

テレビを断捨離したのは約2年半前です。したがって、始まったリオ五輪がテレビのない生活になってから初めてのオリンピックとなります。 テレビがないと、五輪がいつ始まったのかも、ピンと来ません。「競技は始まっているけれども、開催式はまだだったかな…

服の断捨離が危機? ユニクロに行ったら、スタンドカラーのシャツが気になって

昨日、8月4日に中野のユニクロに行ったら、もう秋物が並んでいたのでビックリしました。夏、真っ盛りなのに、ジャンパーまでありました。 ひと目見て、気になったのが、この服。 エクストラファインコットンブロードスタンドカラーシャツ(長袖) ミニマリス…

「シャボン玉石けん」のメリットとデメリット。石けん類の断捨離。

先日お伝えした「石鹸の断捨離」、その経過報告をさせていただきます。 「シャボン玉石けん」で、頭髪(頭皮)、顔、手、体全身を洗うので、シャンプー、ハンドソープ、ボディーソープ、洗顔クリームなどはいっさい使わないことになるのです。 シャボン玉 浴…

シャンプーの断捨離。シャンプーを固形のシャボン玉石鹸にかえた効果とは?

シャンプーには界面活性剤が入っているので、頭髪には良くないという話は、昔から聞いてきました。 しかし、いざ、長年使ってきたシャンプーをやめ、固形の無添加の石鹸(せっけん)で髪の毛を洗うとなると、やはりちゅうちょしました。髪の毛がパサパサにな…

金子由紀子「暮らしのさじ加減―ていねいでゆっくりな自分にちょうどいい生活」の感想

収納・片付け、あるいは断捨離に関する本を読んでみて、いかがでしょうか? 私の場合、何だか、逆に心が渇いてしまう気がして、本を最後まで読めないことが多いのですね。収納アドバイザーとか、ミニマリスト系の提案者が増えすぎたからかなぁ~。 本を売っ…

傘を5本、断捨離した後、傘を増やさない方法を考えた。

傘を5本、断捨離しました。 にわか雨にあう度に買うので、傘は知らぬ間に増えてしまいますよね。 正直、骨が折れている1本をのぞくと、全く問題なく使えるのですが、現在、7本もあるので、安っぽいものは捨てた次第です。 とりあえず、傘を断捨離したことで…

テレビを断捨離したらミニマリストになれる?

2013年の12月7日に引っ越しをしまして、その時に、テレビを断捨離しました。といっても、その時は、それほど「断捨離」とか「ミニマリスト」という言葉に関心はなく、ただ「テレビのない生活」をしてみたいと真剣に考えていたからです。 それから、2年半以上…

大量の「取扱説明書」を断捨離して、家電をできるだけ買わないことを決意。

必要な書類を探していたら、クリアファイルの中に、怖ろしいほどの「取扱説明書」通称「取説」が入ってくることに驚きました。 かなり前に保証期間が過ぎた保証書もたくさん出てきたのです。 実際に現在、使っていない電化製品の取扱説明書など、大事に保管…

断捨離ブームが続いている本当の理由とは?

断捨離(だんしゃり)という言葉は一時のブームとともに忘れ去られるような気がしていました。しかし、どうやら、ブームではなく、日本人の生活に「断捨離」は深く根をおろしはじめているようです。 断捨離とは、簡単に言えば、余計なものを捨てて、シンプル…

AneCanモデル高垣麗子がしている断捨離とは?

AneCanモデルの高垣麗子が断捨離をしているそうです。雑誌のモデルといえば、一般人からすると、かなり派手な暮らしをしているのではないか、という印象があるのですが、断捨離とは意外ですね。 何を断捨離しているかが気になりますよね。

死ぬまで断捨離できない家宝レベルの本が届きました。

「本の断捨離」を加速させるためには、自分にとって本当に必要な本を限界まで絞り込むことにあります。 それはわかっているのだけれど、なかなか絞り込めません。なぜか? 生き方が決まらないから、本当に必要な本を絞り込めないのです。 本の断捨離をやりき…

「本の断捨離」を決意して見えてきた3つのこと。

本を断捨離するなど、死ぬ前にすればよいのであって、今からする必要はない、という考え方もあるでしょう。 住んでいる部屋にスペースのゆとりがあるから今すぐ捨てる緊急性はない、持っていれば今後読むかもしれない……そんな思いもないわけではありません。…

断捨離の本を断捨離すべきだと私に気づかせてくれた本とは?

「断捨離」「収納・片付け」などに関する本は、それなりに役立ちます。著者の優秀さも認めざるを得ません。ただ、私は読みながら、ある種の空しさ感じてしまい、どうしても感情移入ができないのですね。 「これは、何か、違うんじゃないだろうか?」と思って…

「本の断捨離」という最大の難関を突破するための秘策とは?

安物の本棚には本がぎっしり詰まり、歪んでしまって今にも倒れそうです。これでは地震がきたら危ないですよね。もう本当に断捨離しないといけません。 本は仕事でも大いに使いますし、思い出深い書籍も多数あります。それだけに「本の断捨離」は私にとって最…

5つ断捨離というバランスコントロール術で、暮らしを自由で創造的に変える方法

ミニマリストとか断捨離とかいう言葉は、まだ日本語として定着しきっていませんね。というか、もっと心になじむ言葉はないものかと、いつも探しているのです。 「断捨離」や「ミニマリスト」ではなく、もっと自分の思い(生活の方向性)を適切にあらわせる言…

断捨離する前と断捨離した後に、絶対しなければいけないこととは?

「断捨離(だんしゃり)」という言葉は、誰もが一度くらいは聞いたことがあるというくらい、定着しつつある言葉と言えそうです。 物や情報があふれかえっている現代人にとっては、余計なものを捨てることは「悲願」とも言えるでしょう。単なる整理整頓だけで…

皮のベストを断捨離しました。

先日の皮ジャンに続き、皮ベストを断捨離しました。 捨てる段になると、なぜか惜しくなります。このベスト、マジで温かいのです。 こういうベストを着ていると、近頃見かけないので、意外性というか、インパクトというか……とにかく、人の目を引くことはでき…

26万円の皮ジャンを断捨離しました。

今日、断捨離したのは、26万円もした皮のジャンパーです。 26万円もする皮ジャンを持っているとはスゴイと思っていませんか? 実は義兄からの「もらいもの」です。兄が26万円したと言うのですから、本当にしたのでしょう(苦笑)。 確かに、子牛の皮はけっこ…