心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

本の感想

やましたひでこ「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」の感想

やましたひでこ著「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」を読みました。 「断捨離」といえば、この人、やましたひでこ氏の名前が浮かぶほど有名ですよね。 私が読んだ「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」は、2011年に刊行された本で、比較的新しい…

貧乏の意味を知るために、中野孝次「清貧の思想」を読み始めた感想。

有名すぎるのですが、なぜか未読だった、中野孝次の「清貧の思想」をようやく読み始めました。 本編が24章、まえがきを入れると、25章で構成されています。 これはシリーズでレビューする(感想をまとめる)必要があると、直感しました。 で、今回は「まえが…

ドラッカーをキーワードと図解で理解できる本

ドラッカーに関する本が、次々に出版されていますね。 まあ、ドラッカー関連で最も売れているのは、やはり、これでしょう⇒もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら [ 岩崎夏海 ] 今日ご紹介するのは、もっと簡単に理解でき…

「ピーター・ドラッカーの『自己実現論』がわかる本」を読んだ感想

「ピーター・ドラッカーの「自己実現論」がわかる本」が電子書籍になりました。 ドラッカーが、 これほど面白いとは… …

「私が一番受けたいココロの授業 人生が変わる奇跡の60分 」の感想。

今日は読んで元気の出る本をご紹介します。 この本を読みながら、私は何度も落涙しそうになりました。

「だいじょうぶ。の本」は、中島未月の詩と奥中尚美の写真が絶妙なハーモニーを奏でる。

待望の本が届き、心地よくページをめくっています。 「だいじょうぶ。の本」。文・中島未月。写真・奥中尚美。 良い本に出逢いました。というか、この本が、こっちへおいで、と手招きしていたように感じます。

ピーター・ドラッカーの言葉から学べること

今日のテーマは、ピーター・ドラッカーです。 ドラッカーは、「マネジメントの父」と呼ばれる偉大な経営学者です。 彼の著作を読んでいると、ドキッとします。

ヘンリー・キムジーハウスの「コーチング・バイブル」を読んだ感想

以前、先生についてコーチングを学んでいた時に、繰り返し読んでいたのが、この本。 私が買ったのは第2版でした。今は第3版が出ています。 この本を読んでいると、もう既存の自己啓発の本は古いと感じてしまいます。 現代でもっとも難しいのはコミュニケー…

「幸せ体質になる!『気』のプライベート・レッスン―太極拳の老師に教わる 」の感想

私の現在の最大の課題は、元気な心身をつくることです。スポーツジムに通って、ダイエットには成功しましたが、健康を害してしまった苦い経験があります。 無理な運動はできないので、現在は「気功」と初心者向けの「太極拳」を習っています(現在は膝を痛め…

村川協子「簡素な暮らしの家事手帖」は断捨離の名著かもしれない。

ある方から紹介されて購入したのが、村川協子さん著「簡素な暮らしの家事手帖 ~老いを心豊かに生きる知恵~」です。 この本、良いですね。静かで飾らない語り口がすばらしい。 ミニマリスト関連、断捨離関連の書籍は多いのですが、正直、売らんかなの商売っ…

坂村真民の「念ずれば花開く」は、心の断捨離に効きます。

「心の断捨離」一口で言いますが、なかなか難しい。これはもう、日々これ精進なのですね。 心の老廃物を流し、心を生き生きと保つには、良い詩を読むことが良いと私は感じています。 その意味でオススメしたのが、この坂村真民の詩集「念ずれば花開く」です。

金子由紀子「暮らしのさじ加減―ていねいでゆっくりな自分にちょうどいい生活」の感想

収納・片付け、あるいは断捨離に関する本を読んでみて、いかがでしょうか? 私の場合、何だか、逆に心が渇いてしまう気がして、本を最後まで読めないことが多いのですね。収納アドバイザーとか、ミニマリスト系の提案者が増えすぎたからかなぁ~。 本を売っ…

憲法改正について考える第一歩として「日本国憲法」の全文を読んでみましょう。

参院選が終わりましたね。改憲勢力の拡大で、憲法改正への流れが加速しそうです。 憲法改正について考える上で大事なのは、右だとか左だとか、改憲派だとか護憲派だとかという立場からではなく、まずはニュートラルな視点から「日本国憲法」を熟読してみるこ…

植草圭之助の小説「冬の花―悠子」を再読中。この本は断捨離できません。

「本の断捨離」を敢行するにあたって、良い本とそうでない本とを仕分けているのですが、良書の多くは今は絶版となっていて、その度に落ち込んでしまいます。 出版社は「売れれば何でもいいから売ろう」という考えに徹していることは間違いありません。 売れ…

死ぬまで断捨離できない家宝レベルの本が届きました。

「本の断捨離」を加速させるためには、自分にとって本当に必要な本を限界まで絞り込むことにあります。 それはわかっているのだけれど、なかなか絞り込めません。なぜか? 生き方が決まらないから、本当に必要な本を絞り込めないのです。 本の断捨離をやりき…

矢尾こと葉「自分を浄化する方法」を読んで、レイキに関心を持ちました。

自己啓発の本は、ほとんど読まない私ですが、珍しく、繰り返し読んでいる良書がありますので、ご紹介しますね。 矢尾こと葉という人の「自分を浄化する方法」という本です。

断捨離の本を断捨離すべきだと私に気づかせてくれた本とは?

「断捨離」「収納・片付け」などに関する本は、それなりに役立ちます。著者の優秀さも認めざるを得ません。ただ、私は読みながら、ある種の空しさ感じてしまい、どうしても感情移入ができないのですね。 「これは、何か、違うんじゃないだろうか?」と思って…