読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

豊かな貧乏生活をかなえるための3つの条件とは?

本格的な貧乏生活に入って2週間目で、節約リバウンドを起こしました。 何かが爆発するように、浪費してしまったのです。いけませんね(汗)。 早くも、節約生活に黄色信号が出てしまいました。 そこで、自分なりに「豊かな貧乏生活をかなえるための3つの条…

1日の出費を490円におさえることができました。生活の劇的変化です。

先日、夕方帰宅して晩ご飯の用意をしている時に、ふと「今日の出費は490円だけだった」と気が付きました。 生活が節約モードに入っているせいですね、こういう細かいことに気づくとは。 以下が、昨日の全支出。

貧乏の意味を知るために、中野孝次「清貧の思想」を読み始めた感想。

有名すぎるのですが、なぜか未読だった、中野孝次の「清貧の思想」をようやく読み始めました。 本編が24章、まえがきを入れると、25章で構成されています。 これはシリーズでレビューする(感想をまとめる)必要があると、直感しました。 で、今回は「まえが…

吉野屋の牛丼を10年ぶりに食べてみた感想。

独身男子で吉野屋の牛丼を食べたことがない人はいないのではないでしょうか。 しかし、私はもう10年以上、吉野屋の牛丼は食べていませんでした。 決して、吉野屋の牛丼が嫌いなわけではありません。ただ私としては、あの殺風景な店内の雰囲気で牛丼をたべる…

貧乏でいることにしたのは「心のふるさと」を見つけたいからかもしれません。

貧乏でいようと思い立ったのは、実は「心のふるさと」を見つけたいと本当の自分が望んているからなのかもしれません。 それにしても、息苦しさが消える、安らぎに満ちた静寂は、どこに広がっているのでしょうか。 温もりに似た、まったき静けさがあるのなら…

外食の節約メニューは「サンキュー天丼」が390円で激安ナンバーワン?

12月10日、阿佐ヶ谷に住む友人と二人で天ぷら専門店の「満天丼」に入りました。 現在、パワフルに節約中のため、最も安い「サンキュー天丼」を注文。 税込で390円という激安です。 毎月10日は「満天丼の日」なので、阿佐ヶ谷店はさらに100円引きに。つまり、…

上島珈琲に毎日通うのを断念した5つの理由

私にとって何よりの楽しみであるカフェ通い。しかし、節約生活を徹底させるためには、ほぼ毎日通っていた上島珈琲に行くのひかえることにしました。 その理由は?

節約で目指すのは「お金に負けない生活」です。

本格的な節約生活に移行してから1週間が過ぎました。まだ、1週間(汗)。 しかし、私の生活はおかげ様で、かなり充実してきました。 「貧乏」という言葉はイメージが悪いので、やめた方がいいという人がいるのですが、あえて強調します。「貧乏」でないと…

「貧しさ」の極みで生まれた詩。でも、それは限りなく「豊か」なのです。

TBSの日曜劇場で1966年から21回にわたって放送された「天国の父ちゃんこんにちは」というドラマをご存じでしょうか。 そのドラマの中で、毎回朗読される詩がありました。 主演の森光子が、今は亡き夫にプロポーズされた時に贈られた詩だという設定です。 「…

本気で貧乏生活を目指す、7つの理由

奇妙な記事タイトルをつけてしまいました。「本気で貧乏生活を目指す」とは、おかしな言いまわしですよね。 いろんな事情が重なりまして、お金をあまり使えない生活環境になりました。これは決して自分で目指したわけではありません。 ともあれ、世間でいう…

地をはうような赤貧へ? 貧しさを創造のバネにしたいのであります。

今年は一年中、ほぼ休みなしで働いてきました。しかし、出費もおそろしく多く、手元に現金らしいものはほとんどありません(汗)。 来年から、地をはうような赤貧生活が始まる、そんな予感さえしてきます。 太宰治に「清貧譚」がありましたが、私の場合「清…