読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

西脇俊二「断糖で100歳まで生きる」を読んだ感想。 断糖と糖質制限ダイエットとの違いは?

本屋で立ち読みをしていて、思わず衝動買いしてしまいました。もう、本は買わないと決めたはずなのに、つい、買ってしまったのはこの本↓

f:id:kazahana7:20160721090018j:plain

断糖で100歳まで生きる! 糖尿、高血圧、がんさえも抑制する真の健康法」の著者は「西脇俊二」。しかし、まったく聞いたこともありません。

調べたら『僕の生きる道』『相棒』『ATARU』など、数々のドラマの医療監修も担当しているんだそうです。他の著書としては『ビタミンC点滴と断糖療法でガンが消える!』(ベストセラーズ)『断糖のすすめ 高血圧、糖尿病が99%治る新・食習慣』(ワニブックス)があります。

さてさて、この本のテーマは「断糖」です。

 「断糖」って? 「糖質制限ダイエット」という言葉は知っていますが、糖分を摂取を絶つことだとすると、極端な意見が出てきたものだ、と本屋でページをめくりながら感じたのですが……結局は買ってしまいました(苦笑)。

まんまと、著者、あるいは出版社のワナにはまってしまったのかもしれません。しかし、糖質制限ダイエットや低炭水化物ダイエットには前々から興味があり、知識を得たいと思っていたので、よい機会だと思っています。

それにしても、糖質の摂取を減らす(糖質制限をする)のではなく、断つ(断糖する)というのは余りにも極端ではないでしょうか?

でも、結論を焦ってはいけませんよね。そこは謙虚に粘りづよく、西脇俊二という人の意見を具体的に一つひとつ試しながら、検証してゆきたいと思っています。

この本では、糖質制限をしてダイエットする方法が書かれているわけではありません。糖質を絶つ、断糖することで、健康になることについて、徹底的に語っているのです。

糖質を絶つ「断糖」の大きなメリットは5つあるというのが西脇俊二さんの意見のようです。私なりに要約してみますね。

断糖の5つのメリット

1)老化現象を抑えられる。

2)生活習慣病を予防できる。

3)リバウンドしないダイエットができる。

4)ストレスを軽減できる。

5)糖尿病、高血圧などの改善に効果がある。 

う~ん、糖質を断捨離すると、良いことばかりだと西脇俊二さんは言いたいのですが、はたして、真実はどうなんでしょうか?

脳は糖質が不足すると働きにくいという話を聞いたことがありますが、それについて、西脇俊二さんはどのように説明するのでしょうか?

ところで、私は極度の甘党です。

幼い頃、家が貧しかったせいか、菓子パンを食事がわりに与えれることが多く、そのために、甘いものなしではいられないようになってしまったのだと思います。

現在では、お菓子はできだけひかえるよう心がけ、糖質は果物から摂るようにしています。しかし、時おり、発作的に菓子類を食べてしまうことがあるのですね。

西脇俊二さんの「断糖で100歳まで生きる! 糖尿、高血圧、がんさえも抑制する真の健康法」を読むことをキッカケに、「断糖」とまではゆかなくても、糖質を制限できる生活が可能になるかもしれないと、淡い期待をふくらませているところです。