読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

ヘルシーな節約生活には、中華食堂 一番館の「うま塩タンメン」は欠かせません。

野菜を素早く摂取できて、しかも、ワンコイン(500円)で食べられるので、私は時々「タンメン」をチェーン店で食べます。

「タンメン」とは、要するにラーメンの上に野菜がたくさんのっている料理です。スープは、お店によって、塩と味噌のどちかかを選べるところもあります。

個人のお店だと、800円くらいはするので、800円出すのだったら、大戸屋に行きたくなるのですね。

で、私が「タンメン」を食べる店は何件かあるのですが、今日ご紹介するのは「中華食堂 一番館 高円寺店」。高円寺駅の北口を出るとすぐに見えますよ。

これがその「うま塩タンメン」です。

f:id:kazahana7:20161213194252j:plain

薄い塩味で、さっぱりしているところが嬉しかった。脂ぎったものは、脂肪を断捨離(ダイエット)している最中のため、食べたくないので。

 繰り返しますが、私がオススメする、ワンコイン外食メニューは、安くて量が多い料理ではありません。

ヘルシーで、カロリーが少なく、継続してに食べても(たとえば週1回のペースで食べても)体に害が少ないメニューです。

できれば、すごく美味しいにこしたことはないのですが、500円以内で食べられるので、ヘルシーであればそこそこ満足することにしています。

その意味で「中華食堂 一番館 高円寺店」の「うま塩タンメン」は、安くて、野菜がたっぷり食べられるので、合格だと思っています。

特別おいしくないし、量も少なめです。

「中華食堂 一番館」公式サイトを見ると、中華料理のせいか、カロリーは掲載されていませんでした。価格も消費税を含む額と含まない額との両方を併記してほしいものです。

正直、味に主張があり、野菜を含め、具が豊富な店はあります。しかし、800円以上は覚悟する必要あり。だから、節約術の推進派としては「一番館」を進めたくなるわけです。

野菜たっぷりの500円メニューを、手っ取り早く食べたい時は、駅前にあるチェーン店のラーメン屋さんに飛び込んでください。だいたい、500円以内でタンメンが食べられますよ。

阿佐ヶ谷の「福しん」にも良く行きますし、今度は同じく阿佐ヶ谷の「日高屋」にも行ってみたいと思っているところ。

また、結果報告しますね。