読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

「私が一番受けたいココロの授業 人生が変わる奇跡の60分 」の感想。

今日は読んで元気の出る本をご紹介します。

この本を読みながら、私は何度も落涙しそうになりました。

 

私が一番受けたいココロの授業 人生が変わる奇跡の60分」。

老若男女を問わず、感動できる書籍です。

でも、感動するのには、ひとつだけ条件があります。

それは、素直な気持ちで読むこと。

実は、この本が最も強く伝えてくれているのは「素直な気持ちを持ち続けなさい」ということなのです。

この本では珠玉のエピソードがいくつも紹介されますが、ココロを閉じていては、何も吸収できないでしょう。

もし、この本を読んで泣けなかったら、黄色信号、つまり要注意かもしれないと思ってください。

「天才」という言葉は、好きですか?

私は天才ではないですが、天才という言葉は意外と好きなんです。

人は誰もが天才である、という言葉の意味は深いんですね。

ある日、突然、天才になれるわけではありません。

まずは、素直な心で、天才の素晴らしさを感じたり、受け入れたりすることが大切なのです。

というか、素直な心さえあれば、天才と友達になることは可能です。天才を感じられている時は、自分も天才の領域で呼吸できます。

あとは、技術を習得してゆけば、天才にたとえなれなくても、本来の自分の使命はまっとうできることでしょう。

しかし、その技術の習得には気の遠くなるような修練と、いつも素直な気持ちでいられる、純粋な魂が必要なのだと思います。