読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

近藤麻理恵(こんまり)の「人生がときめく片づけの魔法」で最も印象に残ったこととは?

近藤麻理恵の「人生がときめく片づけの魔法」を読んだ時、この人がいわゆる「こんまり」だということを全く知りませんでした。

ミニマリスト、断捨離だとか、収納・片付け、シンプルライフなどのテーマが今も人気ですが、このブームを長引かせている原動力が、この「こんまり」、近藤麻理恵の力なのではないかとさえこの頃感じています。

正直、「人生がときめく片付けの魔法」を読んだ時、驚きました。 

何に驚いたかというと、内容ではなく、文章のうまさです。

まるで優秀なゴーストライターが書いているような、才能のあるコピーライターが書いているみたいな文体の冴えがあったのです。

この手の切れ味は、ノウハウ本ではなかなかないことなので、感心したのでした。

一方、内容は、ほとんど記憶に残っていません。

荷物が多すぎ、また整理能力が低い私としては、断捨離や片付け術に興味はあったものの、実際に断捨離しているわけではなかったので「こんまり流ときめき整理収納法」を提示されても、ピンとこなかったのです。

それにしても、良い意味でも、そうでない意味でも、近藤麻理恵、「こんまり」という人は才気のある人であり、頭がよく、機転のきく人物であることは間違いありません。

ただ、私としては、この人のコピーライターっぽい如才なさに、抵抗を覚えてしまうので、もっと不器用な生き方をしている人の本を読みたくなってしまうのです。