読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

牧瀬里穂が主演した映画「ターン」の魅力。

ドラマの感想

今日の話題は、映画「ターン」です。主演は牧瀬里穂

たいへん真面目な映画で、時々退屈になりそうになりながら、でも、観終わってみると、深い満足感があって、観て良かったなぁと感じました。

この主人公役は、牧瀬里穂以外は考えられないかもしれませんね。

この映画「ターン」がなぜ感動的かというと、いろいろな要素があるんでしょうけど、

やはり、作品の純度の高さにあります。

なぜ純度が高く保たれているかというと、監督の作品づくりの姿勢、その軸がぶれていないこと、丹精を込めて、丁寧に撮られていること、つまり、クラフトマンシップが息づいているんですね。

特典として、メイキングもついているんですが、これも見ごたえがあり。

現場の雰囲気も、凛としていて、凄くいい感じでした。

こういう映画を観ると、自分も頑張らねばと思います。

この2~3日、疲労がピークにきていて、ちょっと切ない状態だったんですが、「ターン」のおかげで、良い状態の自分にターンできそうです。

地味な映画ですが、ワンシーン、ワンシーン、実に繊細に撮られているので、繰り返し観ても、新鮮な発見があります。

あなたは、この週末、どこへ、ターンしますか?