読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

ミニマリストの条件は、ドナルド・キーンが「天声人語」の推薦文で教えてくれた。

ミニマリスト

これからシリーズで「ミニマリストの条件」について語ってゆきたいと思います。

ミニマリストは所有物を最小限度にとどめている人のことを指す、その定義は間違ってはいません。

しかし、物を持っていなければ人は幸せになれるわけでは、もちろんないのですね。

私が今もなおしっくりと来ない「ミニマリスト」という言葉を使うのは、この「ミニマリスト」というキーワードに、真に豊かな暮らしを営める、重要なヒントが含まれていると直感しているからに他なりません。

 

そう、ミニマリストは「豊かさ」を象徴するキーワードなのです。

したがって「豊かな暮らしを実現するために、ミニマリストはどうあるべきなのか」、それがこのシリーズ「ミニマリストの条件」のテーマだと言えます。

今回は、その1回目をお届けします。

 深代淳郎をご存知でしょうか? かつて朝日新聞の「天声人語」を担当し、名コラムニストの名をほしいままにした優れた文筆家でした。

この深代淳郎の天声人語が単行本として出版された時に、ドナルド・キーンが書いた推薦文の中に以下の一節があります。

彼は人間の現象に限りない関心を示し、計りがたい愛情を抱いて書き続けた。『天声人語』は立派な文学であり、彼の記念碑である。

 「人間の現象に限りない関心を示し」という意味を伝えるために、ドナルド・キーンはテレンティウス(紀元前ローマの劇作家)という人の書いた『自虐者』という喜劇の台詞を引用しているのですが、その言葉が非常に興味深いのです。

Homo sum, humani nihil a me alienum puto

私は人間であり、人間と関係のあるものなら、私に関係しないものはない。

 西欧では実に有名な名言であって、キケローをはじめとして多くの偉人たちも、この言葉を座右の銘であると公言してきているそうです。

 で、私は何を主張しようとしているのでしょうか? 

実はこの名言「私は人間であり、人間と関係のあるものなら、私に関係しないものはない」という生き方(生きてゆく上での根本姿勢)を「ミニマリストの条件」の1番目にすえたいのです。

もっとわかりやすく言いますと、ミニマリストは「持たない暮らし」を実現する者ですが、世捨て人、隠遁者であってはならないのです。

人間に対する無関心ほど、真のミニマリストから遠い存在はありません。

どうしてでしょうか? なぜなら、人間に旺盛な興味を持ち、人間と関わり続ける人でなければ「本当の豊かさ」は得られないから。

私利私欲や利害だけの「つながり」なら、ないほうが良いのですが、そうではなく、ドナルド・キーンが言ったように「計りがたい愛情を抱いて」、人間と関わり続ける姿勢こそ、真のミニマリストの姿だと私は思うのです。

人と関わらない方が、一時的には安楽かもしれないし、苦悩を避けられるかもしれません。

しかし、人への関心、人との関わりを断捨離してしまったら、人として終わってしまうのではないでしょうか。

人から遠ざかる時、人は「豊かさ」を手放してしまう気がしてならないのです。

 人ともっと濃く、もっと深く関わり続けること。

真のミニマリストへと向かう、私の「ミニマリストへの心旅」は続きます。