読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

夏バテによる夏風邪を早期に治す方法とは?

お盆休みに浜松から親戚が東京に出てきて、銀座で食事をしたのですが、その日から風邪をひいてしまい、なかなか治りません。

胃痛がおさまったら、今度は夏風邪とは、辛いですね。

ずっと仕事が多忙であり、夏バテのために、夏風邪にかかってしまったのだと思うのです。

風邪薬を飲み、活動をひかえめにしているのですが、治癒の方向に向かってゆかないので、今回はちょっと真剣に「夏バテによる夏風邪を早期に治す方法」について、考えてみることにしました。

 なかなか治らない原因はいろいろあるようです。以下、夏風邪が治りにくい原因について、あげてみましょう。

夏風邪が治りにくい原因

1)エアコンがきいている空間にいると調子が悪くなる。

夏はどこに行っても、エアコンがかかっているため、風邪が治りにくいと思われます。

2)寝込むほどではないので、どうしても仕事(活動)をしてしまう。

本当は安静にしていなければいけないのでしょうけれど、仕事が立て込んでいるために、どうしても動いてしまうので、風邪がぬけきりません。

3)疲労が蓄積していて、治癒力が落ちている。

もともと疲れているために免疫力が下がっているために風邪を引いたわけですが、その疲労が回復していないので、風邪が治癒しないのは当然だと思われます。

4)食事と睡眠には気を付けているつもりだが、知らぬ間に不規則になっている。

健康の基本は規則正しい生活だと言われますが、食事の内容、睡眠の長さはともかく、時間が不規則になってるために、元気になりきれないと考えられます。

5)風邪薬を飲んで安心しているけれども、意外に効いていない。

ちょっと調子が悪いなと感じたら、早めに風邪薬を飲むようにしています。今回も早めに飲んで、これだだいじょうぶだろうと思ったのですが、意外と効いていません。病院に行って、薬を処方してもらった方が良いのはわかっていますが、それをしていないのです。

6)ストレスが予想以上にたまっている。

ストレスが風邪の原因の一つだということを忘れていました。夏風邪で動き回れないので、余計にストレスがたまり悪循環におちいっているようです。

こうしてみると、治すために、徹底して対策していないことがわかりますね。

まずは、自分が病気だという認識を強め、治すことに真剣になることから始めなければなりません。

適量の栄養と水分を補給しつつ、エアコンをつけずに、3日ほど仕事のことは考えず、安静にしていれば、かなり良くなることは確かです。

果たして、それを実行できるでしょうか。