読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

ドラッカーをキーワードと図解で理解できる本

本の感想

ドラッカーに関する本が、次々に出版されていますね。

まあ、ドラッカー関連で最も売れているのは、やはり、これでしょう⇒もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら [ 岩崎夏海 ]

今日ご紹介するのは、もっと簡単に理解できる入門書です。

ドラッカーの理論(思想)について、これでもかとばかりにわかりやすく解説しているのが、

このムック本です。 

タイトルもズバリこうです。

まんがと図解でわかるドラッカー マネジメント、イノベーションなどが初心者でも簡単に

ドラッカーについては、以前も少し触れましたが、ビジネスとか仕事とかについて真面目に考えようとすると、どうしても読まなければいけなくなるのが、ドラッカーの思想だと言えます。

つまり、仕事をしてお金をもらうということの本当の意味とは何か?

ドラッカーは、「自分の強みに徹しなさい」と言います。

そして「中途半端なものは捨てなさい」とも言うのですね。

たいへん参考になるアドバイスですよね。

自分の強みを見つけたら、それを伸ばし、人々が求めていることに役立てれば、それはお金がもらえる仕事になるというわけです。

役立つということは「価値の創造」につながり、確かな価値は「顧客の創造」を促すことは当然ですよね。

マーケティングとかイノベーションとか、仕事で普通に使っていますが、ドラッカーを読むと、その意味の深さを知ることができます。

深いけれども、決して難しくはありません。

以下のような人には、役立ちます。

「やりがいのある仕事を探している人」

「仕事をもっと面白くしたい人」

「ネットビジネスをしているけれど次々に疑問が湧いてきて不安になる」

「働いているうちに自分自身が見えなくなっている人」

 ドラッカーって、本当に面白いの?と、まだ思っていませんか。

食わず嫌いで、まだドラッカーに親しんでいない人は、まずは簡単な入門書から、どうぞ。