読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

「シャボン玉石けん」のメリットとデメリット。石けん類の断捨離。

断捨離 ミニマリスト

先日お伝えした「石鹸の断捨離」、その経過報告をさせていただきます。

シャボン玉石けん」で、頭髪(頭皮)、顔、手、体全身を洗うので、シャンプー、ハンドソープ、ボディーソープ、洗顔クリームなどはいっさい使わないことになるのです。

シャボン玉 浴用 石けん 100g(無添加石鹸)

 f:id:kazahana7:20160730081355j:plain

以下、使用感について、お知らせしますね。

シャボン玉せっけんのデメリット

1)体全身の場合には、泡立ちが少ないので、少し物足りない。

2)顔は愛用の洗顔フォームの匂いが好きだったので、少し寂しい(苦笑)。

3)頭髪と頭皮は、刺激がないので、スッキリ感は弱い。少し、かゆみを覚える。

 しかし、総合的には、満足しています。シャボン玉石けんは、無添加で香料なども使用していないため、刺激はありません。先日、ボディソープを久しぶりに使ってみたのですが、体のかゆい部分への刺激が強すぎて、もう使いたくないと実感しました。

シャボン玉せっけんのメリット

1)シャボン玉石けんは、刺激も匂いもありませんが、その分、肌に優しい。

これまで使っていた石鹸(せっけん)類が、刺激が強く、強烈な香りがあったことに気づき、それは異常なことなので、避けた方が賢明だと悟った次第です。

2)価格が安いので節約になる。

高価な石鹸類はやめ、安価なこの固形石鹸に変えたのは、正解でした。けっこう節約になりますよ。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ハンドソーム、洗顔クリームの使用を、いっぺんにやめたのですから。

3)暮らしがシンプルになるので心地よい。

石鹸類の断捨離はお財布に優しいだけでなく、生活が非常にシンプルになった感じです。物は少ないほど快適ですよね。

 体の部位を洗う石鹸(せっけん)類は、2種類だけとなりました。

歯磨きには、知覚過敏で悩んでいるので「薬用シュミテクト」を使っております。したがって体に触れる石鹸類は「シュミテクト」と「シャボン玉石けん」だけです。

これまでは実にさまざまな石鹸類を常に使っていたものだと、何だか、不思議な気さえします。

刺激より、優しさを大事にした、石鹸ライフを、これからも継続してゆきたいと思っています。