読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

ある蕎麦職人さんに、立派なミニマリストを見た。

ミニマリスト

今日の雨はありがたいです。ここ数日間、睡眠時間を削って働いていたので、渇ききった河原の石に上に降り注ぐ慈雨のように感じます。

さて、最近、通い始めた、蕎麦屋さんの話です。

これが、なかなかの味です。店主と話をするようになるほど、通いつめているのですが、やはり、この店主、ただ者ではなさそう。

 何しろ、蕎麦を打っていれば、他のことはすべて忘れてしまうくらい、蕎麦が好きだとか。仕事をしているという感覚はなく、ただただ時間を忘れて、手打ち蕎麦にのめり込んでいるらしい。1日の睡眠時間は4時間ほどで、それがずっと続いていて、当たり前になっているというのです。

30代に見えるのですが、今どき、こういう人もいるのかと、感心しました。

好きなことに夢中になる、好きなことを仕事にして、それに一生打ち込む、そういう人生が、いちばん良いのだと思います。

ミニマリストとは邪念を持たない人のことをも指しますが、一つことに熱中している職人さんは、その意味では立派なミニマリストだと言えそうです。

実は、そこには、シンプルライフとか、断捨離という言葉も、要りはしないのです。ただ、そうした当たり前なことが、もっとも難しいと感じる時代だから、言葉が必要になるのでしょうね。