心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

死ぬまで断捨離できない家宝レベルの本が届きました。

本の断捨離」を加速させるためには、自分にとって本当に必要な本を限界まで絞り込むことにあります。

それはわかっているのだけれど、なかなか絞り込めません。なぜか?

生き方が決まらないから、本当に必要な本を絞り込めないのです。

本の断捨離をやりきるには、自分の人生と正面から向き合い、限界まで自分を追い込んで、生き方を定めることが絶対不可欠。これは生やさしいことではありませんね。

ですが、私はそれをあえてこのタイミングでやろうと決意しました。理由はわかりませんが、ラストチャンスだと予感しているのです。

私の生き方の軸を立てるために、どうしても必要だと感じて注文した本が届きました。この本を繰り返し読むことで、断捨離が加速すると信じています。

 その本はこれです。定本 高村光太郎全詩集」。出版社は筑摩書房。

f:id:kazahana7:20160707235857j:plain

1037ページという分厚さです。

高村光太郎が書いた詩のすべてが年代順に収録されています。その詩篇の数は、736篇にも及ぶのです。

文庫本になっている「高村光太郎詩集」は、多いものでも100篇をわずかに超える程度でしかありません。

ですから、高村光太郎の詩を本当に読みたいと思ったら、この「定本 高村光太郎全詩集」を買うしかないわけです。

私が高村光太郎の詩を耽読したのは20代の頃です。当時は貧乏でこのような豪華本を買うことなど考えもしませんでした。

そのかわり、当時、文庫本になっていた高村光太郎の詩集はすべて持っていました。

今回、古本ではありますが、思い切って「定本 高村光太郎全詩集」を購入したことで、当分の間、本は買わないと思います。

この詩集を熟読しながら、少しずつ本棚を埋めている本を断捨離してゆく予定です。

もちろん、この「定本 高村光太郎全詩集」は、死ぬまで断捨離することはないでしょう。

家宝レベルの本が手に入ったわけですが、床の間に飾るようなことはせず、徹底的に読み込みたいと、ワクワクしています。