心の旅

心のふるさとを見つける旅。断捨離、ミニマリスト、節約、ダイエットなどについても語ります。

都知事選2016の告示で感じた、小池百合子さんの鮮やかな表現力。

東京都知事選挙都知事選)が告示されましたね。私はテレビを持っていませんが、YouTube動画で各候補の街頭演説やテレビ出演の様子はこまめに見ております。

メディアの取り上げ方を見ると、実質上、以下3名の争いになると予測されているようです。

鳥越俊太郎(とりごえ・しゅんたろう)民進党・日本共産党・社会民主党・生活の党と山本太郎となかまたち・東京生活者ネットワーク 推薦。

小池百合子(こいけ・ゆりこ)かがやけ Tokyo 支援。

増田寛也(ますだ・ひろや)自由民主党・公明党・日本のこころを大切にする党 推薦。

これまで、都知事選にそれほど注目してこなかったのですが、今回、トーク番組などを見ていて、かなり興味を持ちました。

それは各自の表現能力です。

プレゼンテーション能力、自己アピール力、セルフプロデュース力、映像を意識した表情(顔と動作)の作り方、話術などなど……。

それぞれの分野で活躍されてきた方々だけに、かなり参考になっています。

この3人の中では、小池百合子さんの表現力がずぬけていると感じました。

小池百合子Facebook

わかりやすさ、印象の鮮やかさ、シャープな切り口、女性力による強烈な差別化など、大手広告代理店が立案するキャンペーン戦略に酷似していると直感した次第です。

組織の後ろ盾を失った戦いになったこと、革新への情熱の強さ、女性の感性を活かした発想力にも富んでいることなどから、私は小池百合子さんに最も注目しています。

もちろん、表現力だけで誰に投票するかを決めるわけではありませんが、今回は「表現力」という視点から、候補者をチェックしてみました。